2015年02月03日

最も大切な釣り道具・・・STEPWGN

1月24日(土)夕刻・・・
永年、私と私の家族をあちこちに運んでくれたSTEPWGNがクルマ屋さんに引き取られて行った。
STEP00.jpg車「それでは・・・」
私「あっ・・よろしくお願いします。」
直後に私と家内を置いて大通りに出ると、他の車の往来に紛れて走り去って行く・・・
家内「あぁ〜・・・行っちゃったぁ・・・」
やがてテールの左側から鋭く閃光を放ち、カーブを曲がって見えなくなった。
吾輩「行ってもぉ〜たなぁ〜・・・」
永年連れ添った相棒との呆気ない離別であった。


周囲の連中に言わせると、クルマが趣味でもなく単なる【足】として粗雑な扱いをする者の中では、私は車の当たりが極めて良いらしい・・・
私の生活下で車は通勤や買い物や家族旅行などの移動手段はもとより、私の釣行の根底を支える重要な釣り道具である事は間違いない。
社会人となった年にスズキのジムニー550ノンターボを購入して6年・・・
これは紛れも無く釣りを意識した選定だった。コイツは粗雑な扱いをしたので少し修理をしたが、大きな故障は無かった。
やがて結婚して家内が長女を妊娠したが為、いすゞのジェミニに乗り換えて9年・・・
コイツは4WDの縦揺れを医者に注意されて渋々適当に手を打ったのが本当の所で、「ほとぼり冷めたら買い直す」と言う楽観視は我が経済事情に尽く駆逐され、9年間無事故の無故障で働いてくれた。
コイツも本当にお利口さんの車だった。

そして私も三十路の半ばを過ぎ・・・
1996年の渓流シーズンが閉幕した頃・・・・・・
吾輩「もぉ〜9年乗ったし次の4月の車検までに車買い替えよぉ〜や!」
家内「えぇ〜?!・・お金無いでぇ〜!でも買い替えるんやったら、今度は1BOXやなっ!」
吾輩(ドキッ!4駆のワンボックスって・・デリカぐらいしか無ぃんちゃうん?)
正直、この時は密かに4WDのクロカンタイプに戻す目論見であったが、この一言で暗雲が立ち込めてきた。
この頃から商用車のバンや1BOXがワゴンと称する乗用車仕様に変化してきていて、家内も密かに好感を持っていたらしい・・・
そして年末に向けて車の買い替えで盛り上がってきた頃・・・
テレビからビートルズのオブラディ・オブラダのイントロが流れ・・
「子供と一緒にどこ行こう!・・STEPWGN」・・と言うフレーズが流れてきた。
STEPWGN_05.jpg
購入当初に頂いたカタログ・・・今もなぜか本棚の隅に残っている。
何とか流れを4駆のクロカンに引き戻そうとする私にとって、大きなお世話と言えるコマーシャルだった。
直後に家内も長女も小学生となったばかりの次女も「この車が良い!」と言いだした。
全く持って、テレビコマーシャルとは絶大な効果を生み出すものである。
その頃の私の釣りは9年間もの間、ごく普通の乗用車で釣行していた為、林道深くまで詰め上がるのではなく、里川の入渓点に夜中に乗り付け、仮眠して夜明けと共に釣り始めるスタイルへと変化していた。
(この選択もアリかぁ?・・仮眠するにはベストの車や!4WDはこの際どぉ〜でもエエなぁ・・・)
この様に閃き立つと、このワゴン(今で言うミニバン?)を模索してクルマ屋さんを見て回る。
この時の私の印象としては、我が家族が推挙したSTEPWGNの好感度が類を見ないもので、私自身も文句なくこのクルマに惹かれて行った。

STEPWGN 0.jpgそして1997年2月頭・・・
9年間、無事故無故障でまだまだ走ったかもしれないジェミニにお礼を言って廃車手続きをし、待ちに待ったSTEPWGNを連れて自宅に戻った。
「前のジェミニは9年無事故で無故障やったし!・・お前も10年ぐらい無事故無故障で頑張ってもらわんとなっ!」
そう言ってハンドルを叩いた記憶がある。
その時、このSTEPWGNが・・・(えっ!マジかぁ?)と言う返事を返してくれた様な気分になった。
そしてコイツは我が家の良き【足】となり、我が家族の生活を支える存在となって行く・・・
娘達「ウチら、旅行って・・宿に泊まった事無いし!全部キャンプやったやん!」
この言葉が裏付ける様に、子どもと一緒にどこ行こう!はコイツがその殆どを支えてくれた。
STEPWGN_07.jpg
何処かに行くとなればこの時代に流行ったオートキャンプだった。夏場はテントを張り、冬場はロッジを借りて海水浴もスキーもSTEPWGNに運んでもらった。
一方で肝心の釣りは車中泊と仮眠を目論んだものの、コイツが来た直後から遅出の昼到着に釣行スタイルが変化して、フルフラットシートの恩恵を受けた事は数える程である。
しかし、腹を磨りながら林道も良く走ってくれたし、結果として北近畿の里川渓流釣り場の全てを網羅した相棒となって行った。
STEPWGN_02.jpg
日記によるとこれがSTEPWGNで最初に出向いた釣行・・・場所は美山の河内谷だった。これを皮切りに北近畿の里川渓流釣り場を網羅する相棒となって行く・・
購入当初、小学校に入ったばかりの次女が今はとっくに社会人となってひとり立ちしている。
当然、カーナビは非搭載、それどころかエアバックすら装備していない。
カーステレオはカセットで、終盤は若い者を乗せるドックと勘違いしてiPhoneを差し込む輩も登場してきた。
長女「ありえへんし!カセットって・・・皆知らんし!」
次女「知ってるか?最近はドアノブ引っ張っただけで勝手にスライドしよるし!ウチのんボロ無ぃ?」
子供の頃はさんざんお世話になっていて、大人になった途端、よくもここまで言えたモンである。
STEPWGN_06.jpg
ある意味では我が家族の成長を見守ってくれた車とも言える。長女も次女もこの前に乗っていたジェミニは殆ど記憶に無いらしい・・・車といえばSTEPWGN! そしてコイツが二人の免許取立てドライバーデビューにひと役買うとは・・・ここまでよく走ってくれたと感心している。
吾輩「こいつはトコトン乗る!周りのクルマなんか関係あるぅかぃ!」
そう一蹴して買い替えなどは全く考えていなかった。

そして十数年が過ぎ、三十路半ばから五十路を迎えた私と同じく、コイツもかなり歳をとった。
メッキは所々に剥離が目立ち、私の頭が禿げる前にコイツの塗装が剥げてきた。
しかし、購入当初に感じた好感度はその後もずっと健在で、購入直後から大きく開花してきたミニバンのどれをとっても私の好感度が揺らぐ事はなかった。
去って行った今現在でも(現行同車種と比較しても)全く変わらず、この先もおそらく簡単には揺るがないであろう・・・
ソファーを並べた様なシートでなく、ベンチに座る様なフランクな室内とそのまま寝そべっても全く違和感を覚えないフルフラットの快適性・・・
派手な装飾なくシンプルな操作パネルに縦長のテールランプ等々、私好みが満載のクルマであった。
STEPWGN 03.jpg
私は窮屈が大嫌いで、この運転席に座った雰囲気がフランクで大好きだった。
そして・・・
何よりもありがたいのは、上述の如くハンドルを叩いてから18年間、無事故無故障で突っ走ってくれた事である。
周りの者どもは・・運が悪ければ3台、普通でも2台分の価値を果たした・・と言ってくる。
確かに言われてみればそうかもしれない。
消耗品はマメに交換していたし、タイミングベルトなどもクルマ屋さんの忠告に従って交換してきた。
その結果、この18年間で修理に出した経験は一度も無い。
この辺りは本当に良いクルマを引き当てたと感じている。

コイツが不調を訴えたのは昨シーズンの終盤を迎えた夏の終わりの頃だった。
所用で大雨の最中に和歌山に向かって高速を走っている時、エアコンから白い水蒸気が涌き出た直後に冷風がぬるい風となってしまった。
「??ぅそっ!(エアコン)壊れたぁ??」
その週末にエアコンのガスを充填して即刻回復した様に見えたが一週間も持たずに再発・・・
それ以降、エアコンが働く日とサッパリ冷えない日が生じて、残暑の最中に閉口せざるを得ない状況となった。
STEPWGN_09.jpg
昨シーズン閉幕前の釣行写真にたまたま映り込んだSTEPWGN・・・あれだけ一緒に出向いたのに、写真には殆ど映っていない。今となっては少々後悔されるところ・・
やがて秋本番となれば冷房も必要なく、次の夏までに修理すればよいと放置しながら通勤や買い物に乗り回していた。
私「エアコン修理って(見積)どのくらぃ?」
車「見積もろか?」
ところが、翌日・・・・
車「エアコンはそれなりやけど・・それよりラジエーターが限界やなぁ・・」
私「アカンの?」
車「(エアコンの)ガス入れた時に(漏れ)治したんやけど、止まってないわ!」
私「それって(ラジエーター)交換ってこと?」
車「乗るんやったらそぉ〜なるなぁ〜」
私「今、乗っとって大丈夫なん?」
車「マメに(ラジエーターに)水たして誤魔化したら暫く行けるさかぃ、まぁその間に考えたらエエわ!」
私「とりあえずエアコンとラジエーターの交換に剥げてる部分だけでも再塗装する見積ちょぉ〜だぃ!」
車「了解!」
それから遠出を控えてラジエーターに水を足しながら乗り回す日々が続いた。
頼んだ見積を受け取ると一瞬絶句する様な額面であったが、私としては修理して乗り続けるつもりであった。
ところが、家族を筆頭に周囲の者は、この「修理して乗り続ける」と言う私の想いを【変人の奇行】を罵る様に異論を唱えた。
周囲の意見はほぼ一致していて、車が趣味でもないユーザーが十年目ならば判らないでもないが、19年目に入る車に対してその様に考えるのは不経済甚だしい・・・と言う事である。
私自身、不経済は好まないが本件は消耗品の減価償却計算による価値判断では無く、替え難い道具の延命であるが故、不経済と言うよりも非経済的な域にハマり込んでいた。
吾輩「あと一年車検残ってっし!修理してみぃ〜ひんかぁ?」
家内「アホな!んで次(20年目の車検)ナンボ(如何ほどの金額)掛んの?」
吾輩「まぁ〜その時は・・・」
家内「もったいない!またどっか壊れてるに決まってるやん!」
そして家内に連行されてディーラー巡りをし始めると、STEPWGNが終焉を察したのかラジエーターの水呑みは半端ない量になってきた。

もはや延命か終焉かの決心に猶予は許されなくなった年末・・・・
「お前!去年の車検でバッテリーとタイヤ替えたし!修理したらまだまだ行けるやろぉ?」」
そう言ってハンドルを叩くと・・・
老骨に鞭打つSTEPWGNが・・・(もぉ〜十分、約束果たしたやろぉ・・)と言う弱気な本音を返してくれた様な気分になった。
確かに「・・・お前も10年ぐらい無事故無故障で頑張ってもらわんとなっ!」と言う出逢った時の約束は十二分に果たされている。
(もぉ〜シオドキってかぁ?)
この様な想いが脳裏を過ると連行されていたディーラー巡りも率先して行うものとなる。
塗装が剥げ、ラジエーター水の匂いを放ちながら乗り付けると、車買い替え本気モードが発揮され、一時のヒヤカシ客とは一線を画する扱いを受ける。
どのディーラーも古代人に近代化を促すべく、現代の車を実感させようと試乗を促した。
家内「えぇ〜?ナビってテレビ映るん?」
店員「ええ、映りますよぉ〜・・(笑)」
吾輩「そこぉ喰いつくかぁ?・・恥ずかし事言ぅなや!常識や!」
店員「・・(笑)・・」
家内「この車ジムニーみたいな(縦)揺れやなぁ?」
吾輩「そうかぁ?」
店員「まぁSUVなんで・・フルタイム(4WD・・)」
吾輩「(いらんこと言わんでエエし!)このスイッチ何ですん?」
店員「あぁ、これですか?これはね・・・・」
4駆と聞くと家内は2駆車が安価と言う図式が働き面倒な事になる。
そもそも後継車を選ぶ時、家内が出した条件は予算と以下であった。
家内「運転席が高い車!1BOXで無くてもエエけど・・・乗用車みたいな(運転席が)低い車は嫌や!」
これには大いに助けられ、ジムニーからジェミニに乗り換える様な妥協は全く心配なく、目当ての車に漕ぎ着けることができた。
やがて、後継候補が定まり予算に向けて価格交渉に入った段階でSTEPWGNも終焉を確信したのか、計器類がおかしな動きをしだした。
「おぃ!こら!・・どないしたんや!」
18年間時刻を刻み続けた社内の時計は液晶がにじみ出して数字が読み取れなくなり、走行中にタコメーターが振れなくなる。
ラジエーターを心配しなければならない状況にも係らず水温計は出鱈目な動きとなってきた。
それでもフロントパネルを叩くと正気に戻るが、気を抜くとまたおかしな動きになる。
ラジエーターの水呑みは加速する様に増え続け、騙しながら何とか老骨に鞭を打ち続けた。
道具には入魂と称して使い手との関係を深める表現がある。
そしてその道具が役目を終えようとするとき、魂は少しずつ脱して行くのだろうか?
乗り手の安全だけは確保しながらも、直接関与しない所は気を抜き、眠る様に狂ってきた。
「納車まで後ひと月!・・何とか頑張ってくれ!」

そして2015年1月24日(土)・・・
別れの日となる午前に家内の運転で近くのショッピングモールに出向いて車を停め、建物の3階から駐車場を見渡すと、塗装の剥げた老骨は異彩を放つ様に目立っている。
永年見慣れた光景に、いつもならば恥ずかしいボロ車に苦笑せざるを得ないが、この日だけは周囲の車とは一線を画する銘車に見えた。
そして自宅に戻り、後継の新車納品を待つ為にSTEPWGNを大通りのコインパーキングに移動させた。
この日だけは狂いだした計器類も全く居眠りせず、最後の任務をしっかり果たしてくれた。
やがて後続が自宅の駐車場に納車され、お決まりの説明を受けた後・・・
車「前のお車は?」
私「あぁ・・大通りに停めてます。」
そしてクルマ屋さんと私と家内で大通りに出向き、コインパーキングに停めたSTEPWGNの最後となるイグニッションを回すと、エンジンが最後の唸り声を上げる。
私「朝にラジエーターの水満タンにしたんで、大丈夫やと思いますけど、残りの水もここに置いときます。」
車「わかりました。・・これ(この道)右ですかね?」
私「いや、左いったら来られた道に戻ります。」
そして軽く会釈すると、STEPWGNが動き始めた。
車「それでは・・・」
私「あっ・・よろしくお願いします。」
直後に私と家内を置いて大通りに出ると、他の車の往来に紛れて走り去って行く・・・
家内「あぁ〜・・・行っちゃったぁ・・・」
やがてテールの左側から鋭く閃光を放ち、カーブを曲がって見えなくなった。
吾輩「行ってもぉ〜たなぁ〜・・・」

あのカーブを曲がる直前に放たれた閃光は・・・
役目を終えたSTEPWGNが私に告げた最後の別れの挨拶だったのかもしれない。
もしかすると魂の・ひとかけら・が最後の離脱に放った光の様にも思えてくる。
永年、私と私の家族を支え続けてくれたSTEPWGN・・・
STEPWGN_04.jpg
おそらくこの先、お前と一緒に歩んだ18年間は私も家族も一生涯忘れないだろう・・・
本当にありがとう。
心より感謝する。



で・・・
「おぃ!前のSTEPWGN様は18年無事故で無故障やったし!・・お前もせめて十数年は無事故無故障で頑張ってもらわんとなっ!」
そう言ってハンドルを叩くと・・・コイツも先代の如く、(えっ!マジすかぁ?)と言う返事を返してくれた様な気分になる。
まるで先程STEPWGNから抜け出た【魂】がまさにコイツに入魂した様な感じがした。
家族「爺臭い色!(笑)」
吾輩「ジジイが乗るんやし!こんでエエねん!今更濃紺とか白とか無いやろ!まして赤なんか乗れるかぁ・・・」
そう言って誤魔化したが、実際は先々代のジェミニが白でマイマイ蛾に集られて鳥肌が立ち、先代の青いSTEPWGNは蜂類の猛襲に閉口せざるを得ない状況であった。
この【笹濁り色】は山渓に上手く溶け込んでくれる事を期待したい。・・・(甘いか?)
FORESTER.jpg
今シーズンから渓流デビューとなる笹濁り色の【昴・森人】
家内「やっぱり縦揺れ堅いなぁ?・・キビキビ走るけど・・」
吾輩「そらぁ・・4駆やもん!(笑)」
家内「聞いてへんし!・・そんなん聞いてへんけど!(怒)」
吾輩「何言ぅてんねん!最近4駆は常識やでぇ〜」
家内「嘘ぉつけ!結局アンタ!・・・釣り道具なんや!(呆)」
吾輩「まぁ〜エエがな!・・買ぉ〜たし!(笑)」
なにはともあれ、コイツも「良い車を引き当てた」と思える存在になってほしいと願うしだいである。
posted by bacoon at 21:15| Comment(11) | 道具について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まいどです〜!(^^)!
可愛くウインクしていたステップワゴン君、頑張りましたね〜
次の子への闘魂注入も出来た様子でグッドです。
お互いロートルですから気を付けて乗りまひょ・・・
Posted by tanaken at 2015年02月07日 07:22
tanakenさん、毎度です。
片目走行を教えて頂いたのが何年前でしたっけ?
20年頑張るつもりでしたが、いっぺんにガタが来てしまいました。
でも18年間乗り潰したので、とても満足してます。
>次の子への闘魂注入も出来た様子でグッドです。

末永く動いてくれれば有難いのですが・・・
>お互いロートルですから気を付けて乗りまひょ・・・

確かに!・・・気を付けて安全運転で・・・・
Posted by bacoon at 2015年02月08日 23:27
ところで
新しい相棒はスバルですか<img src="http://blog.seesaa.jp/images_e/e/ECA1.gif" alt="にこにこ" width="15" height="15" border="0" />
Posted by tanaken at 2015年02月09日 20:32
BACOONさん、はじめまして。
HPは良く見ていたのですがコメントははじめてです
娘さんの後ろ姿の写真、同じ娘二人をもつおっちゃんとして、グッときました。すごくいい写真です。ふだんの釣行写真も非常に美しいですが。
うちは、まだ中学生ですが、今のうちに写真とっておこうとおもいました。
うちも15年目の古い車にのっています。ただの機械ですが、付き合いが長くなると、相棒化しますね。とりとめのないコメントで、すいません。
Posted by リャマ at 2015年02月11日 09:26
tanakenさん、こんばんは・・・・

>新しい相棒はスバルですか?

そうです。最後の写真に有る様に【笹濁り色】のフォレスターにしました。
足慣らしに先日は美山の茅葺きの郷?北村さん所の辺りまで走って来ました。
やはりSTEPWGNと比べたら走りはこちらが爽快ですな!
そやけど、この前ホームセンターで何も気にせず材木買ぉ〜たら、車に積めんでエライ目に遭いましたわ!
まあ、今シーズンから快適に釣り場まで運んでくれる事を期待してます。
===================
リャマさん、こんばんは・・・

いつもご覧頂きありがとうございます。
>うちは、まだ中学生ですが、今のうちに写真とっておこうとおもいました。

ぜひとも・・・この中学生辺りから加速する様に早いですよ!
成人してしまうまでアッと言う間でした。

>うちも15年目の古い車にのっています

この辺りからです。ただの機械としての相棒から段々と離れにくくなって来るのが・・・
この15年目を超えた辺りから、移り気する様な買い替え方したらバチが当たるんちゃぅか?・・・っと言う気持ちが涌いて来てとことん乗らんとアカン様な使命感に変わって行きました。
頑張って20年目突破を目指して下さい。
今後ともよろしくお願い致します。







Posted by bacoon at 2015年02月13日 23:57
お久しぶりです。

イイですねーフォレスタ。僕も次の車はスバルかなーと迷っている今日この頃。
たまたま面白い実験の動画を見つけました。

題して「各社のトラクションコントロール(TCS)性能比較」
http://youtu.be/GOk0K4iBVRA

フォレスタ1位。です。
Posted by Yujiro at 2015年02月16日 00:07
Yujiroさん、こんばんは・・・

ご無沙汰しております。
>イイですねーフォレスタ。

結構気に入ってます。水平なんちゃらエンジンがココまで静かな心地よさとは思いもよりませんでした。
まぁSTEPWGNからの乗換えなんで、最近のどれをとっても同じ様に感じるのかもしれませんが・・・
「各社のトラクションコントロール(TCS)性能比較」

フォレスター凄ぉ!ここまで車の性能を引き出せるドライバーではないですが、それでも嬉しいです。
ところであの付喪神のお話・・・興味津々です。
もしかしたらSTEPWGNにも付いてたんかなぁ?・・と思ったりもしてます。
Posted by bacoon at 2015年02月17日 00:26
ご無沙汰しております。(いつもHPは読ましていただいてましたが)

 今回の記事は面白かったですね。すごく気持ちが伝わってきて、ステップワゴンさんにご苦労さんと言ってあげたくなりました。以前一度だけT川でお会いしたことがありますが、その時に車を見たことも思い出しました。私も昨年末に車を代えたのですが、逆にスバルから燃費の良い車にしたので、悪路を走るのに若干の不安を感じています。

 去年は¥川を中心に釣行されていましたが、今年はどの辺を狙われているのでしょうか? 個人的には京都、滋賀に出没していただくと嬉しいんですが・・・(笑)
Posted by ヒサ at 2015年02月20日 13:23
ヒサさん、こんばんは・・・

ご無沙汰しております。
>逆にスバルから燃費の良い車にしたので・・・

あらら・・・
釣り場でお逢いする方々が圧倒的にスバルのアウトバックが多かった記憶が有り、今回は一回り小さく最低地上高がマジ4駆並のフォレスターにしました。
>悪路を走るのに若干の不安を感じています。

一番厳しく感じるのはやはり最低地上高かもしれません。
前のSTEPWGNは155mmで、チョットした事でボコ擦りでした。(笑)
>今年はどの辺を狙われているのでしょうか?

今現在全く決めておりません。
佐々里はそろそろ見ておきたいと考えてますが、東に向くか西に向くかはこの先半月の天候を見て決めるつもりです。
・・と、思っていても釣り仲間に一言で予期せぬ方向に向いてしまうことも有りますが・・・
まぁ、どこかには出向きますので今シーズンもよろしくお願いします。

Posted by bacoon at 2015年02月22日 19:41
初めまして。友次郎さんのとこから流れてきました。
1年おくれのコメントですみません。実は私もステップワゴンに乗っています。
調べてみたら初年度登録が96年の12月となっていました。元々は義兄の所有で
ほかの車を買い替える際に古すぎて下取りしてもらえなくて私がタダでもらい
うけたものです。走行距離はわずか5万キロでした。さすがにもう20歳をむかえ
ようというトシですのであちこち小さな故障はあり、ちょこちょこ直しながら
乗っているのですが、30万キロを超える今でもエンジンが元気なので買い換え
る気にならないんですよね。
なので私はセカンドオーナーではありますが、bacoonさんのお気持ちがよくわ
かるような気がしました。来年12月の車検までがんばってくれるとうれしいの
ですが。
フォレスターの調子はいいですか?(アメリカ留学中は友人から安く買ったレ
オーネに乗っていたのでスバルも好きです。)
Posted by EJ at 2016年03月20日 07:14
EJさん、初めまして・・・
コメント頂きありがとうございます。
私もYujiroさんのサイトから時折拝見しておりました。
>実は私もステップワゴンに乗っています。
>調べてみたら初年度登録が96年の12月となっていました。

私が乗っていたのが97年2月の登録なので、全く同じ初代のステップワゴンですよね!(笑)
この初代は今でも時々街中で見かけますので、本当に故障の少ない名車なんでしょう・・・
私もラジエーター全面交換とならなければ間違いなく乗り続けていたと思います。
(エンジンは全く問題なかったので、辛い別れでした。)
>フォレスターの調子はいいですか?

これはこれで最高です。
(特に一人で釣りに出かけるときは・・・)
今現在は何の不満もなく、この車に決めて良かったと思ってます。
贅沢を言うと怒られますが・・・
家族や友人を乗せて街中を走ったり、遠出するなら私が乗っていたステップワゴン・・・
一人で山に釣りに行くなら今私が乗っているフォレスター・・・・
2台あったら、それはそれは最高なんでしょうが・・・(笑)
今では18年間走ってくれたステップワゴンがとても良き想い出になりつつあり、あらためてあの車を超えたミニバンはそう簡単には巡り逢えない気がします。
EJさんのステップワゴン・・・
大事にしてあげてください。
また、今後ともよろしくお願いします。
Posted by bacoon at 2016年03月21日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。