2011年08月04日

ハード・ポッパーの製作

この前のバス釣りで散々な目に遭っておきながら、何とも皮肉なことではあるが・・・
昨年末・・フライの巻貯め真っ最中に・・・
(そぅ言ゃ、ポッパー長いこと作ってへんなぁ・・)
パラパラと記録をめくると・・・
「2000年に作ったキリって・・10年も作ってへんし!(笑)」

(確か4番6番が大きなって、小型にするつもりで8番のヘッド買ぉ〜とったよなぁ?)
従来私が作るポッパーはウレタンフォームを型抜きした円筒形のパーツをカットして拵えていたが、8番となればウレタンでは若干重く感じた為、已む無くアンプカさんの発砲スチロールヘッドを購入していた。
「あったあった!」
(30個ぐらいか・・鉤(フック)あったっけ?)
「あっ!あるなぁ〜・・(笑)」
(邪魔くさいけど作りまっかぁ?・・)
「行くかどぉ〜かわからんけど・・今から巻いたら夏には間に合うやろぉ?」
そんな思いで11年ぶりに漸く重い腰を上げて製作に取り掛かったのが年明けの1月・・・

続きを読む
posted by bacoon at 21:50| Comment(3) | 毛鉤について | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

私が使うウェットフライB・・クイルウイング編

フライボックス>ウェットフライ>クイルウイング・・・漸く一節つけることができました。
シーズンオフまで凍結宣言しておきながら、一度整理を始めると気になって・・・結局は暇を見つけて写真を撮って原稿書いてアップする・・・と言う状態から抜け出すことができずにココまで来てしまいました。
そのお陰で自分なりに新たな発見もあったり、客観的に観ることで未練をキッパリ断ち切ったり・・と一節の整理が付いたと考えてます。
(最後まで迷ったピーコック・クイーンとキング・・未だ未練の整理が難しい・・)
まあ今現在、使用済品しか在庫のない毛鉤は、シーズン・オフの巻き貯め時にもう一度見直すつもりではおりますが・・・
そんな中で・・フェザーウイング・パターンに続き・・
私が用いるクイルウイングのウェットフライでお勧めの3点をご紹介します。


続きを読む
posted by bacoon at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 毛鉤について | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

私が使うウェットフライA・・フェザーウイング編

漸くウェットフライのフェザーウイングが整理できました。
少ない在庫からコマシなものを選んで写真を撮りましたが・・
イマイチを通り越してガッカリするものもあります。
まあ、巻き直してもそれ程変わるものでもなく、次回の巻き貯めで気が向いたら差し替えることにします。
あれこれと思案した挙句・・一応、15種類・・載せるつもりで取りやめたリチャードソンやキャンベルズ・ファンシー等はちょっとどうなるかわかりませんが、その外は今現在手持ちの在庫がなくなるまでに、何某かピンと来るところを見せてくれない限り、単なるお試しの通過点として消えていく様な気がします。
当然、本文をご覧頂ければ使い手である私が絶大な信頼を寄せている物から、呆れるほど手を焼いている毛鉤まで色々ですが、暫くはこれらと付き合っていくことになりそうです。
そこで、これらフェザーウイングのウェットフライで前回の『コック・ロビン』に引き続き、ご紹介した毛鉤のなかから、私のお勧めの一品と不可思議極まりない一品につき、もう少し加筆してみたいと思います。
この2品・・・私のリンクページのタイトル画像にもなっている以下の毛鉤・・・

ひとつは数あるウェットフライの中で別格扱いの超お気に入り・・
オレンジのハックルをド派手にまとった『ダンケルド』・・・
そしてもう一つは、コバルトブルーに怪しく輝き・・・
背筋が凍る魔力を発揮した『ジェニー・スー』・・・です。


続きを読む
posted by bacoon at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 毛鉤について | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

私が使うウェットフライ@・・コック・ロビン


あぁ〜ぁ!
あちこち解禁してきたし!
毛鉤の巻き貯めが滞っているのも気になりますが・・
リニューアルしたHPの工事も思いのほか進みまへん・・
・・・と言うことで、3月に入って工事中の・・
フライボックスのウェットフライで以下の2点を追加しました。
グリズリー・キング
コック・ロビン
グリズリー・キングはこの前に紹介してあるプロフェッサーと並んで、私にとっては無くてはならない毛鉤ですが、巷でもフェザーウイングの代表格とも言える扱いですので、私なんぞがごちゃごちゃ書くまでもありまへん!
この場で補足しておきたいのはもう一つの毛鉤・・コック・ロビンです。
コイツは「これからウェットを・・」とお考えの方・・
特にドライフライからウェットに移行していく入り方にはベストマッチではないかと思ってます。


続きを読む
posted by bacoon at 22:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 毛鉤について | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

コックハックルへのこだわり・・・・

先日、立ち寄った阪神百貨店釣具販売ブース・・
店「ハックルが大幅に値上げする言うてますわ!」
私「へぇ〜・・・どのぐらい?」
店「実は今月に入って若干上がったんですけど気になる程度やあらしまへん・・そやけど来月末あたりから目に見えて上がるんとちゃいまっか?」
私「ガソリンみたいに倍近くになったらエライこっちゃで・・(笑)」
店「可能性おまっせ!その時なって高い!言われても困るさかぃ・・よかったら今のうちに買ぉ〜ときなはれ・・」
私「・・・ホンマに?・・」
と言うことで、今月頭にチェックして品薄気味であると見えたライトジンジャーを購入した。

続きを読む
posted by bacoon at 23:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 毛鉤について | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

あけましておめでとうございます。

皆様、あけましておめでとうございます。
(もう一週間経ってるし!)
初釣り行く暇があったら、まずここでご挨拶すべきところ・・
遅くなり誠に失礼致しました。
本年も私の拙いWebサイトをよろしくお願い申し上げます。

・・と言うことで・・
本日、仕事初出・・いよいよ正月休みも終わってしまいました。
出社して予定を整理したら・・・なんともはや1月の土曜は全日出勤確定の厳しい状況です。
・・・ホンマ・・・どないやっ!ちゅうぅ〜ねん・・・
また、暫くは釣りに行けそうにありません。
しかし・・・先日の釣りの余韻が残って、これがまた始末が悪い!
久しぶりのストリーマーの釣りは結構刺激的でした。
(ちょっとハマってしまいそうです。)



続きを読む
posted by bacoon at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 毛鉤について | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

レインデェア・・パラシュート&シェルバック・ビートル


8/12(日)足羽川釣行で良型のイワナを仕留めた毛鉤・・
レインデェア・パラシュート#14・・・・・この毛鉤はレインデェア・シェルバック・ビートルにヒントを得て巻いたもので、これまで夏ともなれば、野洲・天増・岸田で起用する定番フライとなっている。
これらのフライを製作する上で非常に重要なマテリアルがウイング(=パラシュートポスト)とボディーの中身となるレインデェアである。


続きを読む
posted by bacoon at 21:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 毛鉤について | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

D W N

昨日、小柿渓谷でプチ爆釣したDWNフライ・・・
D=ドライ、W=ウェット、N=ニンフの頭文字をとったネーミングらしい。
このフライ・・・結構有名なのか?それとも余り知られてないのか?実際よくわかっていないが、考案はシンセティックフライを得意とされるプロタイヤーの名児耶浩史氏で雑誌に紹介されていたのを拝見してから私のライブラリに加わった。
浮かべても沈めても万能・・と言う意味なんやろうと考えるが、私は水面直下を漂わしたり引っ張ったりして、成魚放流や管理釣り場で魚を水面に誘い出す毛鉤として使用している。

続きを読む
posted by bacoon at 20:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 毛鉤について | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

毛鉤の棚卸(その3)・・WHEATLEYボックス(ウェットフライ編)

・・と言うことで・・・毛鉤棚卸の最終編・・・
今シーズンは結構初期から、ウェットフライを起用したイメージがあります。
本来ならドライフライでも充分なのに、安直にウェットに切り替えてた様な気がします。
(やっぱり・・老眼と年やろね・・・)
#10がメインサイズで#12&#14と小型と#8&#6の大型(自分の中では・・)の3箱ですが、今年はシーズン初期の使用が多かったんで、小型の消耗が多かったと思ってます。

続きを読む
posted by bacoon at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 毛鉤について | 更新情報をチェックする

毛鉤の棚卸(その2)・・C&Fシステムフォームシート(CDC他編)

先週に続き、毛鉤棚卸!第二段・・・
C&Fの方は?・・・今シーズンはあんまり使用した記憶がない・・殆ど持ち越しかもしれません。このC&Fのシステムフォームはやはり便利です。これを使い出すまでは、フォームシートのフライボックスを自作したりしてましたが、このボックスは結構便利です。
シートは全部で15枚・・・用途に応じて入れ替えが可能なんで非常に重宝してます。
私はボックスを3箱持っていて、最大6シートが持ち出し可能、冬の管理釣り場でない限り、渓流シーズンであれば1個(2シート)か2個(4シート)でしょうな・・・

続きを読む
posted by bacoon at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 毛鉤について | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

毛鉤の棚卸(その1)・・セルロイドボックス(ドライフライ編)

先月で渓流シーズン終了!
と言うことで毎年恒例、10月の毛鉤棚卸!

基本的に冬眠中にせっせと巻いて、シーズン中はまず巻きません。

さてさて・・・スタンダードドライはどのくらい減ったかなぁ〜・・・
結構、カディスを使った記憶がありますが・・・またせっせと巻きたさなあきまへん・・・これも楽しみの一つです。
続きを読む
posted by bacoon at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 毛鉤について | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。