2015年02月03日

最も大切な釣り道具・・・STEPWGN

1月24日(土)夕刻・・・
永年、私と私の家族をあちこちに運んでくれたSTEPWGNがクルマ屋さんに引き取られて行った。
STEP00.jpg車「それでは・・・」
私「あっ・・よろしくお願いします。」
直後に私と家内を置いて大通りに出ると、他の車の往来に紛れて走り去って行く・・・
家内「あぁ〜・・・行っちゃったぁ・・・」
やがてテールの左側から鋭く閃光を放ち、カーブを曲がって見えなくなった。
吾輩「行ってもぉ〜たなぁ〜・・・」
永年連れ添った相棒との呆気ない離別であった。

続きを読む
posted by bacoon at 21:15| Comment(11) | 道具について | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

Campanella Classic Light series C3733CL

釣行記も7/20の釣行がアップ出来ていないにも関わらず、7/26にいそいそと渓に出向いてきた。
理由は単純・・・・

Campanella Classic Light series C3733CL
新調したロッドがカムパネラさんから届いた為である。
そしてその7/26も含めて2回の釣行記アップをほったらかしてこの記事を書いている。
このロッドは正に、私がこの十数年間イメージし続けてきた物のひとつが現実となったに等しい。
実際、釣りに持ち出して見ると、頭の中で描いたロッドと遜色ないどころか、それ以上の完成度で仕上がった逸品と感じられる。

続きを読む
posted by bacoon at 23:39| Comment(2) | 道具について | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

ノースランドと言うフライロッド・・


私のサイトのタックルインプレで紹介していたフライロッド・・・
Northland Mayfly #4 7'11"・・・
元々はPDFコーナーに設けた『セブンイレブン物語』にも示した様に、ひと昔以上も前に九州出張で得た泡銭で引き取った中古品である。
それ故、このロッドの生まれ等が全く解らないで居たが、この度、読者の方からメールを頂戴して色々とご教示頂き、漸く全容が判明した。(タックルインプレも加筆修正済み!・・v(^.^)/・・)
そこで・・・ネットでも余りお見受けしないので、私だけで伏せておくのも勿体無く、ここに紹介することとした。


続きを読む
posted by bacoon at 21:21| Comment(3) | 道具について | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

性懲りも無く・・・

新しいリールを購入!!

フルーガー・メダリスト・1942AK
#3でスプール径がそれほど大きくなく、それでいて重量がライン含みで150g〜160gのリールはないもんやろか?
そんなリールを探していたところ、少し前にYujiroさんのブログで連続シリーズで取り上げられていたリール・・
拝見している間にすっかり惹かれてしまい、この度購入に踏み切りました。
実はこのリール・・正しくは再購入と言うことになります。


続きを読む
posted by bacoon at 12:43| Comment(8) | 道具について | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

バイスのお手入れ・・

なんやかんやとあって・・
あぁ〜釣りに行きたい。
通天湖さんか天川に出向きたいと思いつつも、なかなか時間がとれまへん。
しかし、そのそろ毛鉤の巻き貯めもスタートせなあきまへん。
・・と言うことで、毎年この時期恒例のバイスの分解掃除・・・
まあ、掃除といってもピカピカに磨き上げて清掃する様なものではなく、細部に溜まった埃やマテリアルの切り屑などを取り除いて可動点の潤滑をチャックする程度です。
このバイス・・・毛鉤を巻かれるフライフィッシャーなら必要不可欠ですが・・
これって結構地味な小道具ですなぁ〜・・
その割に値ぇ〜張りますけど(笑)・・・


続きを読む
posted by bacoon at 01:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 道具について | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

『フロータント』のチェック!

フライフィッシング・・
とりわけ渓流で行うフライフィッシングとなれば、殆どの方がドライフライメインで、この『フロータント』は必需品としてお持ちのことであろうと察します。
当然、私にとっても必需品であることは書くまでも無いですが、シーズン中はあまりコマメにチェックすることもなく、オフを迎えたこの時期に状況を確認する様にしております。

この『フロータント』・・・今やありとあらゆる物が出回っており、最新のフライ事情に疎くなった私からすれば新参物を試すにも尻ごみしてしまう状況で、結局昔から使い慣れたものを使用してます。
(皆さんどないしてはんゃろ?)

続きを読む
posted by bacoon at 23:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 道具について | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

マグネティック・ティペット・スレッダー


【マグネティック・ティペット・スレッダー】
知り合いに頼んで置いたものが4月最終日に届いた。
試しに机上で使用すると、これはもう画期的である。
即刻ブログのネタに掲げて【絶賛】しようとも考えたが・・・・
「実際、釣り場で使こぉてみなわからへんし!」
・・・と言う考えが思い留まらせた。
そしてGWの八東川釣行を皮切りにこれまで使用してみた結果としては・・・・


続きを読む
posted by bacoon at 00:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 道具について | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

失物・・十数年ぶりに・・・

なんやかんやと・・釣りに行くどころかマテリアルを買いに行く暇も無く・・
・・そんな状況に感けてブログもホッタラカシ!
・・・すみません・・止めてまへんので今後ともよろしゅぅ〜お願いします。
・・・と言うことで・・これまた久しぶりのエントリー・・・・
実はこの前、屋根裏で探し物をしていたら・・釣り場で忘れたと思い込んでいたロッドが出てきました。(・・って、お前が勝手に思い込んで探さへんかっただけやろ!)
そしてこれを期にロッドのコルクグルップ一斉クリーニングを実施・・・まあ・・それなりでんな・・・


続きを読む
posted by bacoon at 01:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 道具について | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

MARUTOフック・・到着!!


Yujiroさんがブログで紹介されていたMARUTOフック・・・あれから色々とチェックして(株)土肥富さんに発注した所、数日前に手元に届いたと同時に夏風邪をこじらせてダウンしてしまい、漸く元気になって中身を確認した。


続きを読む
posted by bacoon at 21:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 道具について | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

やっぱり戻すか?リーダーとティペット・・

ことしの1月29日にも書いたが、リーダーとティペット・・・
私だけなんやろか??どうもしっくり行きまへん・・
T川で魚を掛けてズッコケて・・その後ラインを手繰り寄せるとティペットが切れてフライが無い・・しかも切れている位置がフックの所ではなくティペットを継いだところです。
明らかにこれはおかしいぞぉ〜・・と思いましたね・・
そろそろ結論ださなアカンねぇ〜・・何時までも迷うのはあきまへん・・

続きを読む
posted by bacoon at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 道具について | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

やっぱり戻すかこのままか?

うぅ〜ん!・・
ティペットとリーダー・・
どぉ〜しょぉ〜かなぁ〜?・・・

永らく愛用させて頂いてたバリバスさんのリーダーとティペット・・
沈める事が多い管釣ではマリエットさんのリーダーを使っていたが、渓ではもっぱらバリバスさんだった。
しかし、昨年の夏にたまたま5Xと6Xが底を付き、計った様に渓でズッコケて4Xと3Xを流出、7X以下は水浸しと言う状態に陥った。

「しょぉ〜がない・・買い直しやんけ!」・・・と思ったものの、別種を試す機会でもある。
私としては、このリーダーとティペットはわざわざ専門店まで出向かなくても量販店のフライコーナーで手に入れる事が出来る銘柄と決めている為、バリバスさんと比較するために乗り換えるならティムコさんのアクロンになる。

その昔、イーアンからアクロンに乗り換えてしっくり行かず、マリエットさんを経てバリバスさんに落ち着いた経験を持ちながら、「もう、かなり昔やし!ミスティーティペット・・使いやすそうやし!・・この際、乗り換えてみるか?」・・・とアクロンシリーズに一新してみた。

続きを読む
posted by bacoon at 18:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 道具について | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

漸く日の目を・・・

もう、どのぐらいになるやろう?
数年・・いや10年・・もしかしたらもっと前かもしれない。
いつも行く釣具量販店で従来から取り扱っているプラケース入りのエントリーモデルや量販モデルのロッドに混ざって、アルミケースに入った3ピースのロッドが売り場に並べられた。
一本で周囲にある廉価版のロッドが2〜3本買える価格帯で、ケースの蓋を開けてもロッドは無く、商品はショーケースの中・・と言う[別格]の扱いだった。

「誰が買うねん?こんなん!・・・オービスより高いやんけ!・・国産やろ??・・・ヘタするとセージが買えるやん!・・・他の釣りならともかくホンマに売れんのかいな?・・・・まあ、俺には関係無いけど・・・」・・と全く気にもしなかった。

やはりルアーならともかくフライとなればここまで高価なロッドを求める客はプロショップへと足を向ける為か、量販店に卸された「別格」は単なる[見せ物]で売り物とは程遠かったんだろう。
何時しかショーケースから消えて、アルミケースの蓋を開けると入ってる。
ちょっと継いで振って見るが、何がここまで値を吊り上げてるのか理解に苦しんだ。
「やっぱり売れ残ってるやん!・・二本継ぎでエエのに三本継ぎにしてアルミパイプで高級に化粧してるだけちゃうんか?」・・・と手にとって触られる見せ物に格下げされた。
その中にアルミケースの色が[銀]の3番と[緑]の5番があった。

どんどん月日は流れ、他のロッドと一緒に陳列される仕打ちを受けた[銀]と[緑]は時々[見せ物]にはなるものの、周囲と比べれば価格帯が異例の為、後続の量販モデルに先を越されて、もう「見せ物」としての価値も無くなってきていた。
「まだあるやん・・」と何時しか来店の度に所在を確認する様になった。
フックを買って「まだあるやん!」・・・ティペットを買って「まだ居るな・・がんばれよ!」・・・と言う具合だった。

更に月日は流れ、いつも陳列棚の奥に追いやられ、量販店に来たが為に日の目を見れずに居る[銀]と[緑]・・[別格]の象徴だったアルミケースはボコボコにヘコんで剥げ、幾度も受けた[割引]の屈辱を物語るセロテープの後が重なって変色している。
「見せ物」は昔を知らない客達の「笑い物」になっていた。
[銀]はメーカーが廃盤にし、[緑]はメーカーが釣具から撤退したらしい。
もはや帰るところも無くなった二本のロッドが可哀想になって来ていた。
「もうエエやろう・・・こんな高値で笑い物にせんでも・・今更誰も買わんし・・こんな時代遅れの古い竿・・そっと倉庫に仕舞うか、誰か身内で使こたれや・・ホンマ」・・・と思っていた。
そしてとうとう、この年末年始にこの店から姿を消した。


続きを読む
posted by bacoon at 02:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 道具について | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。